先輩開業医INTERVIEW & VOICE

3年目でレセプト1,300枚にした新規開業

れおファミリー歯科
(さいたま市/東川口駅)

理事長 齊藤 淳一

開業しようと思ったきっかけはなんですか?

普通であれば(一般的のドクター)地域の患者さんの為に、口腔の健康を守る等が開業しようと思うきっかけであろうと思うが私は違います。
将来への不安を払拭する事が目的でした。
いつまで勤務医として働けるのか.何歳まで人の下で働らかなければならないのか?等々、不安だらけでした。
自分の身は自分で守る。自分の家族は自分しか守れないと思い開業を決意。

開業について一番苦労した点は?

基本的に苦労した点はありませんでした。強いて言えば開業地が決まってからオープンまで2ケ月弱しかなかったので時間が極端に少なく慌しかった。しかも勤務しながらの開業準備だったので、診療前の6時からの早朝打合せ、診療後の夜中までの打合せなど体力勝負でした。

しかし、疲れた苦労したなど思ってもなくどちらかと云うと良い話しのネタに繋がっています。

よっぽど開業してからのほうが色々と問題を即解決しなければならない等、苦労すること(壁)は沢山あるので、苦労と感じてもそれを乗り越えて常に前向きに前進あるのみです。

よく開業する為には物件、場所、立地等々で苦労すると云う先生たちが多くいますが私たちは歯科治療に関してはプロですが、開業のプロではありません。新島さん(業者・手伝ってくれる人)のアドバイスを良く聞き成功している開業医の先生等がやっていることをマネすることで成功確率が上がります。

開業しようとしている歯科医師へ

① 先ずしっかりした目的を持つこと。(なんとなくはダメです)
② 短期・中期・長期的な目標をたてる。(なんとなくでも良いと思う)
③ 開業に関しては初心者です。開業のプロに全て任せましょう!!そして成功している開業医のマネをして良いところを取り入れる。
④「やったほうが良い」と言われたことは、素直に受け入れる。
(「でも」とか「だけど」などの出来ない言い訳をしない)
⑤ 医療業だから歯科医院だからなどの固定概念は捨てる。(今の時代に合った取り込みをする)
⑥ 開業するにもチームワークが必要です。内装業者、銀行、税理士、社労士、ホームページ、歯科材料店、内覧会業者等々・・・個々に動くのではなく自分を中心とし全ての方々が連絡を取り合い連携し、動いて貰い必要なところで報告・相談をしていくスタイルが必要
⑦ 院長は、患者様ファーストも大事ですが、スタッフファーストを常に考えて接していけばスタッフが、患者様ファーストになって考え行動してくれる。
⑧ 自分の家族、クリニックのスタッフ、スタッフの家族を「幸せ」にして楽しんでいてくれれば必ず仕事中もニコニコと最高の笑顔になり、患者様に伝わり、多くの患者様がその評判で集まり、よりベターな診断力、治療を提供することで口元からの健康を守っていくことが出来ると信じています。

今後の展望

開業してからは、時代に取り巻く環境を見据えながら家族、スタッフ、クリニックを守る。特に今のコロナの状況では、スタッフの命とスタッフの生活をいかに守るかを常にアンテナをはって行動しています。

その他のインタビュー

先輩開業医の声( 開業実績 )

一覧に戻る

歯科医院・医科向けの物件を仲介いたします。お気軽にお声がけください。

未来の開業医専用ページ