歯科 開業 居抜き 物件 コンサルティングのことならヘルスガード企画

歯科 開業 物件
歯科 開業 物件
開業をお考えの方
医院売却・賃貸をお考えの方
ブランディングをお考えの方
物件情報
診療所の売却・査定について
ヘルスガードの強み
コンサルティングの流れ
開業ドキュメント
セミナー・イベント企画
ヘルスガードクラブ         ご加入の案内
インフォメーション
報酬料金表
診断チェックシート
実績・お客様の声
無料相談・              お問い合わせフォーム
会社案内/歯科医院 開業 分院 移転 医院継承 コンサルティング ヘルスガード企画
代表プロフィール
会社概要
採用情報
プライバシーポリシー
リンク集
新規事業・分院計画・移転・医院継承・イベント企画・運営
せき歯科医院
松村歯科クリニック
吉田クリニック
ほんま歯科クリニック
ながお歯科クリニック
なかざわ歯科クリニック
新規事業・分院計画・移転・医院継承・イベント企画・運営
  開業をお考えの方

開業医実態件数(関東圏)データ
※( )内は前月に対しての増減件数です。

【全 国】68,799件(先月より−40件減)
【東京都】10,637件(先月より−4件減)
【神奈川県】4,939件(先月より−7件減)
【埼玉県】3,523件(0件)
【千葉県】3,237件(先月より−1件減)
【茨城県】1,400件(先月より−4件減)
【栃木県】983件(先月より−1件減)
【群馬県】978件(先月より−1件減)
厚生労働省医療施設動態調査(平成27年1月末概数)
◎最新の歯科医院数は、「新島ブログ」もしくは「ヘルスガードブログ」の中の「歯科・歯医者のデータ情報」からご覧ください。


年齢層に応じる開業医の昨今の動向

【昨今の動向】-1
60歳以上の開業医のドロップアウトが目立つ。

【昨今の動向】-2
50歳代の移転の二極化が目立つ。コンパクト(10〜15坪)開業と拡大開業。

【昨今の動向】-3
40歳代の閉院と分院整理!閉院して医療法人の勤務医に戻る。一方サテライト診療の縮小。

【昨今の動向】-4
30歳代のうつ、ノイローゼによる体調不良で閉院される医院が目立つ。
反面、勝ち組は医療法人化して診療所を拡大し1件あたりの来院数が1日100人を
越す医院と本院以外に複数の分院展開(サテライト診療)を繰り広げる医院がある。

【昨今の動向】-5
20歳代後半の開業が目立つ。
※理由は現役の親、知人の力(人的保障)を借りて融資を引っ張りポジショニングの良いところで開業する。技術的に弱いところは専門医と提携している。

開業医の悩み

【説明】開業医の悩み
@保険点数
A患者の増患
B自費率のアップ
C歯科衛生士の不足
D競合対策
E患者、スタッフの質(モチベーション)
F将来性(体調、経済性を含む)
G危機管理とリスクヘッジ
H税金と経費
I家賃が高くて採算性のバランス
J新規・個別・行政指導

※勤労意欲の低下
※職業としての魅力低下
※入学定員の削減等(約20%)
※女子学生が定員5割への動き
※歯科医師国家試験における合格基準の見直しによる削減
※歯科医師の卒後臨床研修の必須化(終了しないと開業できない)

開業の現状と問題点

【説明】問題点-1
お金さえあれば独立は誰でもできます。

【説明】問題点-2
問題点は技術を学んでいても集客と経営・保険医療養担当規則を大学、勤務先で学んでいない現状。

【説明】問題点-3
病気と治療は学んでいても健康の学びが少ない現状。心のケアができず、医師は患者さんに対して何かをしなければいけないという概念にあること。

【説明】問題点-4
医師は、受験を経てIQの高い方が集まっているけれど大学ではEQを高める勉強をせずに、いきなり社会にでてコミュニケーションをとっていること。

【説明】問題点-5
医師・歯科医師からドロップアウト(転職)したときに、他業界で簡単につぶしがきかいないこと。対外的には医師としての品格を持ち続ける道でしかないこと。

歯科医師の就職事情

【説明】就職事情
大学の医局員の定員過剰と個人開業医の患者激変による就職難。

※研修医の悩みは日々、テックづくりで即戦力になれず就職先が無くなる
※初任給の相場が15万円〜20万円になった。
※歩合給は保険で18〜22%、自費で25%が相場。
※大学は卒業できても国家試験が受からず資格がもてない状況。

上記の厳しいデータ、現状から脱するには、正確な情報と経営視点が重要になってきます。

【説明】ピンチをチャンスに…
ピンチをチャンスに変える開業の<はじめの一歩> 3つのポイントをご紹介します。

目的を決める
「開業」を目的にするのか?「成功」を目的にするのか?を決める。
※「開業」が目的になってくると物件が決まりにくくなってきます。
  時間に振り回されたり、広さ、競合などが気になって判断できなくなります。
点線
自分のポジションを知る
「工程表」をつくる。
※勤務しながら開業準備をしていると忙しすぎて自分の位置が見えなくなります。その為に工程表をもって自分の位置を確認しながら成功イメージをつくる。
※オープンまでの工程を大きく分けると9つあります。
@〜D
@不動産契約
A内装・看板設計  
B医療器械・什器備品・家具等の選定  
C保健所・社保等の諸手続き  
D販促活動  
E融資  
Fスタッフ募集とスタッフ教育  
Gあいさつ周り・内覧会  
H歯科医師会等の入会手続き
点線
根回しです。
多くの先生達は開業の一歩が”物件捜し”と思っていますが、頭を下げて周囲の方たちに開業ビジョンを伝えて協力者を捜すことが究極的な一歩です。協力者がいなければ「開業」は机上の空論で終わります。

【注意1】
開業に迷いがあればある程、身内から厳しいフィードバックを受けます。そこには「不安」と「焦り」だけが残ります。

【根回しが必要な理由】
開業には「大きな投資」と「場所」が必要となります。
※融資には”保証人の力”が必要です。
※テナント契約には”連帯保証人”が必要です。
結論は、”開業は一人”でできるものではないということです!
開業・運営に関するご質問がありましたら、どんなことでもご相談ください。
点線
さて…
さて、今年もますます、医院の開業(新規、移転、分院、居抜き)は増えていくといわれ、一方、医療費削減による医療収入は減少していきます。その中での成功する開業ポイントには3つあります。

1)経費の節減
ローコストで開業して純利益を上げていくか生活レベルと所得を下げられないとなりますと、経費の節減しかありません。

2)タイムマネジメントを極めることです。
3)早い時期に自己投資を徹底することです。

開業時の税務について

開業準備費の取扱-(1)
※開業準備費とは、事業を開始するまでの間に特別に支出する費用、制限は無いが対象期間は概ね半年〜1年位迄のもの

【例】
・開業セミナーの参加費用
・開業地の調査のための旅費・ガソリン代
・連絡通信費
・者関係の打合わせ費用
・関係先への手土産代
・工事期間中の諸経費
・開業に関する情報入手の為の費用
・開業までの借入金利子
・開業広告費用などなど〜

開業準備費の取扱-(2)
※税務上の処理方法:開業後5年以内での任意償却が可能な為、開業数年後、所得が大きくなり、税率が最も高くなった時点での経費化が効率的です。
※経費として認められる為に領収書やノートに支出日・相手先・支出目的を記入し、スクラップブックに貼り付け保存することが必要です

【例】
潟wルスガード企画 新島氏 開業物件の打合わせ

点線
開業資金の出所の明確化-(1)
【大口の支払について】
各件ごとに資金の種類を明らかにし、資金の支払については事業用の通帳を通すことによって記録を残す。

【例】
・保証金の支払い  ○○銀行定期解約
・内装工事の支払い ○○銀行借入1500万円
・医療機械の支払い 日本政策金融公庫1500万円などなど〜
自己資金について
【自己資金について】
個人の預金・有価証券の解約書類・不動産の売買契約書等の疎明書類を保存。
一旦、通帳に入金し以後個人と事業の区別するようにする。

開業資金の出所の明確化-(2)
【親族借入について】
「ご親族から借入を贈与とみなされない為に」
1)金銭消費貸借契約書を交わす
2)借入・返済条件(金利・借入期間・返済方法等)を設定する
3)返済実績が必要となる

【ご親族の資金出所調査について】
1)テナント開業の場合 開業4〜5年後に第1回目の税務調査があることが多いようです
2)戸建開業の場合 建物取得後、数ヶ月内に「取得資金のお尋ね」が郵送される。
ご親族から資金拠出があった場合には、不動産登記名義にも注意が必要で、 資金の持分と登記持分は比例配分させる必要があり、そうでなければ贈与とみなされます

点線
上手な初年度申告(1)
【青色申告のメリット】
1)青色専従者の必要経費参入
2)引当金・準備金の必要経費参入
3)純損失の繰越控除
4)青色申告特別控除

上手な初年度申告(2)
【開院時期と税金について】
1)「月収40万円以下」
年末開業で赤字を出しても給与所得の税率が低い為、通算の効果が少なくなり、年初の開業が有利であると考えます。 年初に開業し事業が赤字であれば翌年に繰越せますし、黒字になっても初年度なので多額にならないでしょうから給与所得と合算しても累進課税の影響が少ないと思われます。

上手な初年度申告(3)
【長期に亘っての有効な節税パターンとは…】
[1年目]開業初年度の為、赤字に陥りやすいと思われます。
[2年目]青色申告により、1年目の赤字の繰越ができます。
[3年目]開業準備費の償却をします。
[4年目]減価償却の方法を定額法から定率法に変更します。
[5年目]医療法人設立することにより、節税します。

点線
領収書について
【注意点】
@宛名を自分で書き込む事や、日付を後から記入する事は架空経費として扱われます。
A個人の買い物を事業の経費にせず、きちんと区別しましょう。

領収書の素朴な質問

1-レシートはダメ?
多くの場合、レシートのみでOKです。例えば什器備品名が記載され購入日時が印字されたものなので信用性があります。

2-宛名は上様でいい?
原則はダメですが、金額によっては経費として認められる場合もあります。基本的には、しっかり宛名をかいてもらいましょう。

3-但し書きは「品代」でいい?
品代=怪しいというわけではありませんが、税務調査の時の重要な資料となりますので、できるだけ細かく記入してもらいましょう。
※品代=食品類、消耗品、備品などなど…

4-領収書・レシートがもらえない場合は?
得意先へのお祝い・餞別・香典・自販機ジュースなど、もともとレシートがないような場合は、案内状に支出金額を記入したり、
支払証明書に金額、領収書がもらえなかった理由も記載しておくとよいでしょう。

☆豆知識
交際費という勘定科目を使えば交際費になるのではなく、支出の形態・目的により判断されるのです。例えば、接待費のために使ったタクシー代は何の経費でしょうか?経理上旅費交通費の勘定科目を使っても税法上は交際費になるのです。それは、支出の目的が接待関連だからです。そうすると支出した金額の10%は経費にみなされず法人税がかかります。
但し、1人あたり5,000円までの飲食交際費は、税制改正により全額経費に出来ます。

タイムマネジメントの教え ※優先順位の区分

・第1象限ー緊急であり重要なこと
・第2象限ー緊急ではないが将来最も重要なこと
・第3象限ー緊急だが重要ではないこと
・第4象限ー緊急でもなく重要でもないこと

開業するにあたって先生に伝えたいこと

【ビジネスチャンスとは】
人の悩みや問題、望んでいることを解決するとその対価としてお金をもらえる。

何らかの悩みや問題を抱えている人は世の中にごまんといる。つまり、自分軸で主体的に情報を取捨選択できる基礎力があれば世の中はビジネスチャンスに溢れている。

※ここで、大事なことは「リサーチ」です。(知っているとできるは雲泥の差)

【集客スキル】
質(熱さ)×量(人数)
※ここで大事なことは「量」(人数)だけではダメ!お金を払う情報が(質)が必要。
※自分が売りたいものを売るのは大きな間違い!お客さんが欲しいものを売る。

要するにお客さんが欲しいものの中から、自分の売りたいものを選ぶという考え方が重要です。
点線
私どもヘルスガードは…
私どもヘルスガードは先生の開業の成功のために完全バックアップさせていただきます。
※開業には、弊社の”ヘルスガード開業パック”をおすすめします!
詳細についてはこちら

【バナー】新規事業・分院計画・移転・医院継承・イベント企画・運営
無料相談・お問い合わせフォームはこちら

↑PAGE TOP

SITE-MAP

ヘルスガード企画 HOME

◆歯科医院コンサルティング
開業医をお考えの方医院売却・賃貸をお考えの方ブランディングをお考えの方
物件情報診療所の売却・査定について
◆ヘルスガードの強み
コンサルティングの流れローコスト開業ノウハウセミナー・イベント企画ヘルスガードクラブご加入の案内
◆インフォメーション
報酬料金表診断チェックシート実績・お客さまの声よくある質問無料相談・お問い合わせフォーム
◆会社案内
代表プロフィール会社概要採用情報プライバシーポリシーリンク集

COPYRIGHT(C)2009 ヘルスガード企画 ALL RIGHTS RESERVED.